お知らせ
2019/11/13
★★★11月16日土曜日は、受付が、午前11時まで、診察は、12時までです。
午後から、サイコシンセシスの講演会を司会するためです。


★10月31日の受付は、午前11時まで、診察は12時まででした。
午後から、「発達障害」について、お話して参りました。

★★10月29日は、午前、午後と、混み合いまして、長くお待たせしてしまいました。
申し訳ないことです。
とは申せ、いろいろなご事情を伺って、手当しておりますれば、ご寛恕くださいますよう、お願い申し上げます。

★★★11月1日(金)から2日(土)は、お休みでした。
小児精神神経学会(福井)に、参加するためです。


☆☆☆ クリニックのホームページは、令和元年6月、改訂いたしました。
「あいさつ」部分など、あらためてあります。ぜひ、ご覧ください。


★平成30年11月 京都にて

千年世満ち 宝ヶ池に 恵む望月
(ちとせみち たからがいけに みぐむ もちづき)

---京都は、藤原道長の望月の和歌から、千年目の満月でした。


★初めての方の診察は、平成29年1月30日より、
月・火・水・金曜日に、午後2件といたしております。
なお、出張などの都合により、変更もありますので、ご海容のほどお願い申し上げます。
なお、なるべくじっくりお話をお聴きするため、いずれの方におかれましても、お待ちいただくことが、しばしばございます。申し訳ございませんが、ご承知置きくださって、おいでくださいますよう、お願い申し上げます。


★★都合により、しばらくの間、月火水と金曜日は、午前11時まで受付けとして、診察は午前12時までといたします。午後は、6時まで受付けとし、診察は7時までといたします。
 木、土曜日は、受付けは、午前12時半まで、診察は、1時半までとさせていただきます。ご不自由おかけいたします。
申し訳ございません。

1- 万一の停電時★
 万一の場合、停電時にも、可能な限り、クリニックは、開いております。平成23年3月11日の大震災時でも、そうしておりました。温かいお茶も、差し上げられました。当クリニックとしては、ろうそくを灯して、停電中も、診療は継続しています。
 停電時、院外の薬局さんは機能しなくなることがありますが、お薬も、ある程度は、クリニック内に在庫があります。その場合には、短い日数分ずつ処方させていただき、少なめのお薬で乗り切りましょう。
国や県の生ぬるい対応を待つことなく、自分たちで身を守るしかありません。いたずらに情報に惑わされず、自分の眼と心で判断しましょう。こころ穏やかに、出来る範囲で力を尽くして、着実に参りましょう。

---この世に、慈悲慈愛が満ちあふれますように。---
 クリニックは、今後も、みなさまのお役に立ちたいと存じます。


2- クリニックが混みがちなことについて
このところ、待合室が混み合い、長くお待たせすることもあります。お待ちいただく間に、かえって落ち着かない方も、おられることでしょう。申し訳ないことです。
とはいえ、簡単に、チェックリストのような診断基準で診断を付けてお薬を出すとか、検査してみるだけで済むものではないと思います。それぞれの事情がおありで、その上での出来事なのですから、いろいろと事情をお聞きして相談していくことが必要です。

クリニックの運営だけを考えれば、完全予約にすれば、当方としては楽なのです。すでに決まった方だけ診ればいいのですから。でも、それでは、急に相談したい方は、どんどん後回しになり、お相手できなくなります。
そのため、心理カウンセリングの予約以外は、厳密な予約は、今のところ実施せず、お互いの予定で、次回をおおよそ決めるのみにしております。このこと、事情お汲み取りの上、おいでいただきたく、お願い申し上げます。 
                     
3-初めての方に
当分の間、初めての方は、月火水曜日と金曜日に、一日に午後1〜2件とさせていただきます。出張などの予定がありますときは、お受け出来ません。あしからず、ご了解くださいますよう。
    
-------初めての方は、子どもさんでも大人でも、なるべくじっくりお話をお聴きしたいので、時間がかかります。このため、なるべくご希望に沿ってお会いしたいのですが、一日にお引き受けできる件数には、おのずと、限りがあります。
地域において、各種の役割をお引き受けしておりますので、出張や研修のため不在になることがあります。その場合、受け付けできる件数は、さらに少なくせざるをえません。そのため、申し訳ありませんが、せっかくおいでいただいても、お受けできないこともございます。

なるべく早めにお受けしたいために、初めての方も、二度目以降の方も、予約制は取らずに、みえた順にお会いしています。この点、ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

4-自動ドアの「警告シール」について:
点検の会社が、赤色の×マークと注意を記載したシールを勝手に貼りましたが、外しました。危険性が、増すからです。というのは、もともと手指をはさむ事故が多いのは、幼児さんです。その子は、まだ文字は読めませんし、目立つ色があると、かえって気になって触りたくなってしまい、手を伸ばして、ドアに指を巻き込まれやすくなるからです。子供の視点で考えれば解ることなのですが。

 
日時         出張・面接時間         内容

11月16日(土) 青森精神科医会 青森
11月17日(日)  玄米堂
11月24日(日)  玄米堂
11月26日(火)受付は、午前は11時まで、午前の診療は午前12時までです。午後は、4時から再開します。
11月26日(火)午後1:00---4:00      学校教育センター
11月30日(土)午後7時から午後11時 急病センター当番

12月30(月)から1月3日(金)は、お休みです。
新年1月は4日(木)から診療します。

1月10(木)午後7時から午後11時 急病センター当番

2月28日(金) 午後1:00---4:00      学校教育センター

3月6日(金)受付は、午前は11時まで、診療は午前12時までです。
3月7日(土) ---8日(日)  子どもの健康科学会 東京

   ご理解とご協力のほど、お願い申しあげます。
                  令和 元年 11月 13日
                                      クリニック  こころの森

附録:12019---
◆◆◆平成の天皇陛下が、退位なさいます。
これまで、おつとめ、まことにお疲れ様でございました。
ご病気をかかえながらも、ご体調にもかかわらず、国民のため、精力的に動かれました。頭が下がります。

★とはいえ、その一方では、政府の仕業が、改元祝いの影に隠れてしまいます。というのは、例の統計隠しです。
東京新聞が的確な記事を載せましたので、抜粋して引用します。(平成31年4月28日朝刊)---

 令和への改元を控え、「平成経済」を知るための重要な指標の一つである「賃金伸び率」の検証が、今年一月に発覚した政府の統計不正のためにできなくなっている。政府が毎月勤労統計の集計で不正を行っていた期間の資料を廃棄したことで、八年分の賃金が分からなくなったからだ。公表された資料には空欄が並ぶという、異様な状況となっている。 (渥美龍太)

---全数調査をしないといけない東京都分の大規模事業所を、厚生労働省が二〇〇四年に勝手に抽出調査に切り替える不正を始めたため、以降の調査結果が実態より低く出るずれが生じていた。---延べ二千万人超が雇用保険などを過少に給付されていたことが分かった。

 問題発覚後、厚労省は一二年以降の結果を再集計して本来の数値を再現したが「〇四〜一一年分は調査票などの資料を廃棄・紛失していて再集計ができない」(厚労省の賃金統計担当者)ため、公表資料を空欄とした。この空欄部分については政府統計を統括する統計委員会からも再集計を指示されたが、実現可能かはまだ明らかになっていない。

 さらに、前年比1・4%増と大幅な伸びとなった一八年については、それまで行ってきた補正を止めるなど、算出方法を大幅に変えた影響でかさ上げされた。ところが、その説明を付けずに伸び率を載せているため、経済情勢が良くなって賃金が伸びたとの誤解を招きかねない---

 大和総研の小林俊介氏は「平成の経済はデフレからの脱却が最大の課題であり、物価に大きな影響を与える賃金の動向は極めて重要だ。それなのに、統計不正によって検証ができなくなった。過去の政策判断を誤らせた可能性さえある。国民全体が被害者だ」と批判している。

◆◆「美しい調和を乱すな」という暗黙のメッセージに潜む危険性。メディアも問題意識をーーー
4/30(火) 8:33配信 HARBOR BUSINESS Online 平成31年4月30日版

---
”【お願い 3/3】SNSやネットを恐怖と悪名の拡散の場にせず、楽しいこと、幸せなこと、ほっこりすることで満たせるように、ぜひご協力ください。仲間、友だち、家族のみなさんにも、このお話を共有してくださいね。”(内閣サイバーセキュリティセンターのツイートより)

◆---ほっこり、楽しく、幸せに」は、もちろん望ましい態度ではある。でも、それって、政府が上から推奨すべきことではないぞ。断じて。”(小田嶋隆氏のツイートより)

”国民が「ほっこり」できるための環境を整えるのが政府の仕事であることは否定しない。ただ、お上が国民に向けて「ほっこり」を推奨するのはスジが違う。政府がそれを言うと、「文句を言うな」「不満を持つな」「現状に満足せよ」「政府の指示に従え」というメッセージになる。ヤバい。”(小田嶋隆氏のツイートより)

★★ 4月1日に「令和」という新元号が発表された際の安倍首相の記者会見を確認してみよう(参考:首相官邸HP「平成31年4月1日 安倍内閣総理大臣記者会見」)。
---上西充子 法政大学キャリアデザイン学部教授

 ---菅官房長官による新元号発表とは別にわざわざ記者会見をひらいた安倍首相は、万葉集の文言に言及した上で、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められております」と語った。誰がそのような意味を込めたのか、主語を曖昧にした形で。

 自らが政権を担う時代を命名したわけでもないのに、安倍首相が記者会見をひらき、「込められた意味」を語るのにも違和感があるが、さらに問題なのは、そのあとの質疑応答で安倍首相が語ったこの部分だ。

”変わるべきは変わっていかなければなりません。平成の30年間ほど、改革が叫ばれた時代はなかったと思います。政治改革、行政改革、規制改革。抵抗勢力という言葉もありましたが、平成の時代、様々な改革がしばしば大きな議論を沸き起こしました。他方、現在の若い世代、現役世代はそうした平成の時代を経て、変わること、改革することをもっと柔軟に前向きに捉えていると思います。ちょうど本日から働き方改革が本格的にスタートします。70年ぶりの労働基準法の大改革です。かつては何年もかけてやっと実現するレベルの改革が、近年は国民的な理解の下、着実に行われるようになってきたという印象を持っています。”---

 働き方改革関連法は「令和」の元号を発表したこの4月1日に施行された。元号とは何の関係もないその法の施行に安倍首相が言及したのは、この記者会見の幹事社である産経新聞社の最初の質問に答える中において、だ。映像で確認できるように、安倍首相は原稿を読んでいる。事前に用意された質問と答えであったことは明らかだ。

「かつては何年もかけてやっと実現するレベルの改革が、近年は国民的な理解の下、着実に行われるようになってきたという印象を持っています」と安倍首相は語っている。具体的に名指しはしていないが、文脈的にはそれは、働き方改革関連法を指していることは明らかだ。ではそれは、「国民的な理解の下」に成立したのか。

 決してそんなことはない。主要野党はそろって、高度プロフェッショナル制度の創設に反対し、法案からの削除を求めた。労働者がその制度を求めているという立法事実はないことを国会審議の中で明らかにした。労働者のニーズを聞いたとされるヒアリングで、高度プロフェッショナル制度は労働時間、休憩、休日、深夜業の規制がなくなる働き方であることをちゃんと説明したのかと問うた福島みずほ議員に対し、山越敬一労働基準局長(当時)は「いずれにいたしましても」とその質問をスルーした。「全国過労死を考える家族の会」の方々が安倍首相に面会を求めても、政府は面会要請のFAXを官邸に送ったか否かも明言せず、「このあと面会を」と求める柚木道義議員の質問に対しては、加藤勝信厚生労働大臣(当時)が抗議の声にかき消される中で平然と別の内容の答弁を続けた。---

附録:2018年記事から---

★★平成30年9月6日未明、青森市も、大きな揺れに見舞われました。北海道は、震度7で、さらに被害が大きいようです。
 当方は、無事に、6日朝から診療の準備でした。もともと地震国ですから、いわゆるインフラ整備は、必須と思いますが、現政府が安易に緊縮財政にしてきたツケが廻ってきています。こういう投資は、国民を利するはずなのですが。

AERA dot.平成30年9月6日記事より:
---北海道電力の泊原発(泊村)で外部電源がすべて失われた---泊村の震度は2。にもかかわらず、現在は非常用ディーゼル発電機で、燃料プールにある使用済み核燃料1527体の冷却を続けている。幸いにも、3基の原子炉は運転停止中だった。---発電機は、一週間もつのみ。
泊原発には3系統から外部電源が供給されていますが、北電の中で3つの変電所を分けていただけと思われる。北電全体がダウンしてしまえばバックアップにならないことがわかった。今回の地震で、揺れが小さくても外部電源の喪失が起きることを実証してしまった---


★★★未曾有の水害と熱波に、各地で、被害が多発しております。また、応援の自衛隊員は、とても熱心に支援しておられます。とはいえ、その隊員でさえ、熱中症で、受診していた位で、大変な事態です。

安倍政権は、その最中に、国民に警戒を呼びかけるどころか、閣僚を集めて、宴会開いて、盛り上がっている有様でした。9月の自民党総裁選挙を前に、支援を取り付けたかったようです。
 大切な水道まで、企業に委ねてよしとする法案まで、成立させました。各国で、水道事業は、いったん民営化しても、再び公共事業に戻しているというのに。蛇口をひねって、その水が、そのまま飲めるのは、世界でも、数少ない価値あることなのですが。

陛下は、国民の状況を憂慮されて、ご静養にお出かけされる予定を、中止されたほどですのに。


















前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board -
Skin by Web Studio Ciel